有料老人ホームの特徴|入居者の介護レベルや生活環境に合わせた有料老人ホームの選び方【快適に暮らす条件とは】

有料老人ホームの種類とそれぞれの特徴

有料老人ホームの特徴

介護施設

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには、3つのタイプの老人ホームがあります。しっかりと介護の環境が整っている「介護付有料老人ホーム」、介護が必要でない方も利用することが可能な「住宅型有料老人ホーム」、自分の身の回りのことをしっかりと行うことができる方のみが入居することのできる「健康型有料老人ホーム」です。

介護付有料老人ホームの特徴

介護付有料老人ホームは、健康な方は利用することが出来ない施設で、65歳以上の方という基準が設けられています。この施設は、介護体制がしっかりと整っており、常に看護師が待機している老人ホームもあります。介護のランクが高く心配な方はこのような施設を利用すると良いでしょう。

健康型有料老人ホームの特徴

健康型有料老人ホームは、健康な方のみが利用することのできる施設で、1人暮らしが不安な高齢者や、家事などが億劫になった方などが利用している施設です。元気な高齢者が楽しんで生活をおくることができるよう、トレーニングルームを完備している施設もあります。

住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型有料老人ホームは、介護付きと違い、介護の必要ない高齢者が入居することのできる施設です。しかし、さまざまな外部の介護サービスを利用できる施設もあるため、もし介護が必要となった場合でも訪問介護などのサービスを受けて入居を続けることができます。
また、このような住宅型有料老人ホームには、楽しいイベントやレクリエーションが多く設けられているという特徴もあります。レクリエーションで得られる効果をランキング形式でご紹介します。

老人ホームでのレクリエーションで得られる効果BEST3

no.1

身体機能を維持することができる

レクリエーションで得られる効果で一番大きい効果は「身体機能を維持することができる」という効果です。年齢が上がるに連れて動く機会がなくなってくると、身体はどんどん衰えてしまいます。それを放っておいたままにすると身体機能が鈍り介護を受けなくては生活できない状態になってしまう可能性も出てきてしまいます。そうならないためにも、運動を取り入れたレクリエーションを行うことで身体機能を維持することができるのです。

no.2

脳を活性化させることができる

「脳を活性化させることができる」という効果は第2位です。ゲームのレクリエーションやクイズのレクリエーションを取り入れることにより脳の働きを活発にすることができます。そうすることで認知症を予防できるという効果を期待することができます。

no.3

生きがいを作ることができる

レクリエーションを行うことでたくさんのスタッフや入居者と関わることができます。そのため、「生きがいを作ることができる」という効果が第3位に選ばれました。コミュニケーションを取ることで日々の生活に変化が生まれます。このレクリエーションから趣味を得ることもできる高齢者の方もいるので、生きがいを作ることができるのです。

広告募集中